1Fギャラリー  ★ topaboutnewsshoprental2Fギャラリーmail
   終了した展示会の内容はこちら
 
2023  2024


太公良個展
TAKORA SOLO exhibition

TAKO LABO 2024
刻む ENGRAVE 刻

2024年7月4日(木)-7月16日(火)
12:00-20:00
最終日のみ-18:00
水曜日定休


人生は、喜びや哀しみが入り混じったものです。そんな日々の思いを絵にして、生きています。僕のささやかな願いは、その1枚が誰かの心に響くことです。
今回、1階では個人的な想いを、2階では人としての想いを刻んだ作品を展示します。あなたの心に届くものが見つかると嬉しいです。

【event】
・太公良のふんいきにがおえ 7/6&7/13 ※予約制
・TAKO LABO Flea Market 7/5-7&7/12-15
・TAKO LABO Fabric Archives 7/4-7/16
★詳細はnews blogをご覧ください!

作家在廊日はTAKORA Xで告知いたします。

【profile】
太公良
タコラふとりきみよし
TAKORA Kimiyoshi Futori
(grAphic tAkorA/TAKO LABO)

神戸市出身。東京在住のヴィジュアルクリエーター。grAphic tAkorA名義のポップなパターングラフィックを用いて、国内外のクライアントにアートワークを提供している。アジアを中心に国内外で展覧会やワークショップを開催する。現在、布や紙による一点ものを発表するプロジェクト“TAKO LABO”を進行中。また、インスタグラムでその日の思いを刻んだ“handbeat”をほぼ毎日発表している。
座右の銘は「キャッチィー命♡♥」。

TAKO LABO/TAKORA instagram
https://www.instagram.com/tako_labo

TAKO LABO/TAKORA X
https://x.com/TaiGongLiang
 


七五三 個展
「butterfly effect」


2024.7.18(木)-23(火)
12:00-20:00
(最終日18:00まで)


ずっと、過去と今の自分が同一人物だという実感を持てずにいます。あるいは、恐ろしくて信じたくないだけかもしれません。一つの意思や行い、選択が、たくさんの過去の集積であり、ある未来の部分でしかないのなら、自分は一体どこにいるのでしょう。

私は、止まらない循環や流れに生じるわずかな逸れやずれ、揺れの中に初めて自分を見ます。そして、制作を通してその自分を掬い上げています。制作は克服の手段、作品はわずかな変化(唯一自分だと信じられる)の記録であるという解釈のもと、今回の展示に『butterfly effect 』と名付けます。

instagram
X
 


水森亜土展
「OMURAiSU」

2024年7月25日(木)~8月6日(火)
12:00~20:00
最終日 18:00まで
水曜定休日


“色々な経験をして
くだらない雑誌(情報)に目がいってしまうけど、 どうにか流して

名もない小さな花をしゃがんで撫でるような、
感傷的で傷つきやすい若いときの気持ちそのままに…

あのころ感じた思いを刻んでいつまでも残そう
お母ちゃんが作った小さなオムライスなんつーのは、忘れられない…”

時代を超えて愛され続ける水森亜土のイラストは、さまざまな分野で日本の『カワイイ』カルチャーをリードしてきました。
そんな水森亜土こと”亜土ちゃん”のとびきりポップでキュートでレトロでセクシーな
たくさんの「カワイイ♡」が詰まったエキシビションです!

昭和レトロな懐かしい亜土ちゃんグッズ、見ごたえのある劇団ポスター原画などの展示をはじめ、オリジナルグッズの販売や自身が手掛ける手彩色版画、描き下ろし絵画の販売もちょっぴりあります!
みなさんぜひ遊びにきてネッネッネッ♡

【プロフィール】
水森亜土(みずもりあど)
東京・日本橋生まれ。高校卒業後、ハワイに遊学。
アクリルボードに両手で絵を描きながら歌を歌うという印象的なパフォーマンスでデビュー。画家・イラストレーター・ジャズ歌手・女優など ジャンルを越えて個性あふれる才能を発揮する稀有なアーティストです。「水森亜土」のイラストは、誰にとっても懐かしくて新鮮。世代を超えて人気を博し、日本女性の「かわいい!」という感性をずっとリードしてきた。
https://adomizumori.bitfan.id/